ウクレレの弾き方|初心者が自宅で楽々マスターはこの2つです!

初心者にお勧めのウクレレの弾き方教材

こんにちは、ウクレレは楽器を弾くのも曲を聴くのも大好きな横山といいます。

今日は、自宅で楽々マスターできる初心者にお勧めのウクレレの弾き方教材を、2つご紹介したいと思います。

ウクレレの“うんちく”

ウクレレはスティール弦の金属の響きとは異なる、ナイロン弦の甘くて優しい響き。

手軽に持ち運べて弾き方も簡単、そして演奏する場所を選ばない携行性・コンパクトさ、そして何よりその小さな見た目やルックスのかわいらしさが、今もなおウクレレが多くの人から愛される理由でしょう。

そんな弦楽器の人気者のはじまりは、もちろんハワイ。

ハワイでその歴史が始まったのは、ポルトガル人が持ち込んだことにより始まったとされています。

19世紀の終わり頃のことで、当初はウクレレという名称ではなく、「ブラギーニャ」という名前でした。


画像出典元:楽器の歴史 ブラギーニャ/カヴァキーニョ/ウクレレ


ここから、現地ハワイで改良を重ね、現在の演奏しやすい形に落ち着いたとされています。

ちなみにギターが誕生したのは18世紀頃なので、約1世紀あとに誕生したことになります。

ウクレレの由来は、「Uku=ノミ」、「lele=跳ねる・飛ぶ」という意味であり、ウクレレの音がノミが飛び跳ねるような音をしているという説、指板やサウンドホールの上を指が飛び跳ねるように動いているという説、そして当時の人気ウクレレ奏者のあだ名からとったという説など、由来には諸説があります。

どんな音に感じるか、また演奏している姿がどんな風に見えるのかということも気にして見てみると面白いかもしれませんね。

ウクレレの形状は、大きく分けて二種類あります。

ギターの形に似た「ひょうたん型」と、ボディがタマゴのような楕円形の「パイナップル型」の二種類です。

この他にもさまざまな形状がありますが、基本的にはこの二種類がポピュラーな形です。

大きさは、小さなものからソプラノ、コンサート、テナーの順に大きくなって行きます。

ウクレレのソプラノは最も小さくて、子どもさんや女性にぴったり。

よくCDやBGMなどで聴く、一番ポピュラーなサウンドがこのソプラノでもあります。

次に大きなコンサート。ボディサイズはソプラノと同じではあるものの、指板(左手で弦をおさえる側)・ネックが大きく、ギターなど他の弦楽器に弾き慣れた方におすすめです。

男性はこちらのほうが弾き方としても、押さえやすいという方も多いでしょう。

全体的に大きいのがテナーサイズ。

こちらは、そのサイズの分音も低くなりますが、弾きやすさは向上します。

弦楽器経験者は、コンサート・テナーの方が容易である可能性が高いです。

チューニングは、4弦から1弦に向かってソ・ド・ミ・ラ(G・C・E・A)で、4弦が2番目に高い音という、慣れないうちは戸惑いやすい構造になっています

ウクレレの弾き方イロイロ!

ウクレレの弾き方の前に、演奏されるジャンルを見ていきましょう。

主に、伝統的な音楽、つまりハワイアンに用いられるケースと、ポピュラーミュージックに用いられるケースの2つが主流となっています。

そして、ハワイアンは歌伴といってほとんどが歌の伴奏で用いるのに対して、ポピュラーの場合は歌伴のバッキング、メロディ楽器、ソロスタイルと三つのスタイルが存在します。

ハワイアンやポップスで出てきた「歌伴」という言葉ですが、何も難しいことではありません。

路上やテレビなどでアコースティックギターの弾き語りを見たことがありませんか?

ウクレレも原理はあれとほとんど変わりません。

歌にあわせてポロンと「和音(ドミソなど複数の異なる音程を組み合わせた音の塊)」を鳴らすというスタイルです。

このとき、主に使う演奏技術はストロークとアルペジオの2つのみ。

このウクレレにおける「ストローク」という奏法は、主に右手親指もしくは人差し指を使って、4弦から1弦に向かって振り下ろす(もしくは反対に振り上げる)ことによって、左手で特定の場所をおさえて和音を奏でるというもの。

この「ストローク」の弾き方は、先述の通り振り下ろす「ダウンストローク」と振り上げる「アップストローク」の2つで組み合わさってできています。

スローな曲なら、親指のダウンストロークオンリーで大丈夫。

右手の力を抜いて、手首の回転を活かしつつ腕を振り下ろせばポロンという音が鳴ります。

テンポが上がったり、複雑なパターンをウクレレで弾く場合は、弾き方が変わりダウンとアップを組み合わせなければなりません。

この場合さきほどの弾き方とは異なり、人差し指を使います。

とは言いつつも、先程のように手首の回転を使うのは変わりません。

ダウンストロークの際は人差し指の爪の横・右側面を使い、アップストロークの際は同じく人差し指の爪の横・左側面を使って振り上げます。

ダウンストロークオンリーと異なり、親指と人差し指の力の差もあって最初はやりにくいと思いますが、毎日ジャカジャカウクレレを鳴らすことで慣れてくるので、まずは左手を何も押さえず、毎日1分程度ジャカジャカと鳴らしてストロークを鍛えましょう。

そして、先程出てきたメロディを弾くスタイルの場合、和音とは異なり、ひとつの弦を弾く「単音弾き」が必要となります。

親指と人差し指を組み合わせるのですが、最初のうちは親指オンリーで構いません。

こちらも、ストロークと同様に左手は使わず右手だけの訓練をやっておくと良いでしょう。

ここで一服!

私の大好きなJake Shimabukuro君のウクレレの演奏を聴いてください。

【Jake Shimabukuro - ♪Gentlemandolin】

ウクレレ初心者が弾き方を楽々マスターするお勧めの方法!

さて、これまで紹介した弾き方・方法が分からない、という全くのウクレレ初心者の方もいらっしゃることでしょう。

では、ウクレレが自宅で簡単に楽々マスターできるお勧めの講座を2つご紹介したいと思います。


古川先生のウクレレ弾き方講座
 32,184円(税込)


まず最初にご紹介するのは、古川先生のウクレレ弾き方講座です。

税込み32,184円と一見高額に見えますが、ご自身がウクレレ・ギターの名手であり、また教室で非常に多くの生徒を指導している古川先生に、自宅でいながら本格レッスンを受けられるのは嬉しいところす。

大手の音楽教室に通えば、個人レッスンの場合1ヶ月9000~11000円ほどかかる上に、教材費や設備費、入会金なども踏まえると3ヶ月ほどで元が取れる計算になります。

もちろん、レッスンの効果が非常に高いため、活用すれば十分に音楽教室に通う以上の効果が期待できます。

実際の教材の特徴として、大きなメリットにDVDで動きや演奏のコツを確認できるという点があります。

実際に目の前で弾いてもらっているようなライブ感があり、非常に分かりやすくなっています。

特筆すべき点は、いきなり演奏に取りかからないということです。

どういうことなのかと言いますと、ウクレレはおろか、楽器自体に初めて触る初心者にもとっつきやすくしてあるということです。

ウクレレの楽器としての特徴やなりたち、各部位の説明、構え方、チューニングにもきちんと時間を割いています。

意外とこの点は、数多ある教材がクリアできていない箇所であり、「初心者向け」とうたっているのにも関わらず、他の本や資料で勉強してからでないと理解できない、という教材がほとんどの教則本業界において、貴重な良質教材であることが分かると思います。

いきなり課題曲の弾き方に挑むのではなく、まずは両手の使い方を丁寧に指導してくれます。

慣れたら次に進む、というマイペースに学習できるのも、この教材の良いところです。

実際の音楽教室のレッスンでは、特にグループレッスンの場合、つまずいたり分からないことが合っても、遠慮してストップできないこともあるでしょう。

しかし、この教材の場合、あなたしか見ていないので、遠慮なくストップしたり、何度でも最初から繰り返して弾き方を確認することだってできます。

もちろん、ステップアップしていけば、どんどん曲にチャレンジしていくことができますよ。

ウクレレを含め楽器の修得は、一部の才能あふれる人を除いて、ほとんどはコツコツ反復練習を繰り返すといった積み重ねが最も大切です。

いつも、好きな時に一瞬で始めることができるこの講座は楽器を修練する上で、そして音楽を楽しむというステージにあがるためには、非常に最適なウクレレの弾き方教材だといえます。


【収録曲】

「歓びの歌」「童謡 うみ」「アロハ・オエ」「ルージュの伝言」「翼をください」「贈る言葉」「ソロで歓びの歌」「ふるさと」 「大きな古時計」「オーラ・リー」


【古川先生のウクレレ弾き方講座】

古川先生のウクレレ弾き方講座の詳細はコチラ

津村先生のウクレレ弾き方講座
 価格:16,800円(税込)


そしてもうひとつが、津村先生のウクレレ弾き方講座になります。

こちらは、教材・動画を含め16,800円という価格になっています。

こちらも一般的な教則本と比べると結構なお値段ですが、やはり音楽教室などにレッスンに通うことを思えば、1~2ヶ月で元が取れます。

津村先生は、元々高名なギタリストであり、ウクレレ演奏にも取りかかった結果、両パートともに極め、多くの生徒を抱えることとなりました。

また、インターネット上でもさまざまな動画、弾き方の教材を用意しており、今回の教材の他にもオンラインレッスンやホームページでの講座などたくさんの取り組みが展開され、多くの方に支持されているウクレレの第一人者であります。

さて、このウクレレ初心者講座の弾き方おすすめポイントは、何と言っても津村先生が独自で開発した「ラダー譜」でしょう。

楽譜が読めなくてつまずく、というのをカバーするべく開発された「タブ譜」というのが既に存在しますが、これをさらに発展させたのがラダー譜なのです。

タブ譜とは、正式名称をタブラチュア譜と呼び、ギターなら6本、ベースなら4本(もちろん他弦楽器の場合はそれに応じたものが存在します)の線の上に、おさえるべき左手のポジション、指板上の音を数字で指定した楽譜のことを指します。

この場合、情報として得られるのは、左手のおさえるべき場所、そしてその長さ(音符・休符の長さ)が分かります。

しかし、タブ譜の弾き方にも欠点があります。

和音もそれで表現するのですが、数字が折り重なり、分かりにくいのです。

また、指の指定もしづらく、枠外にどんどん記入することにより、見る者にも能力を要求されるようになってしまいます。

慣れればそれまでなのですが、ウクレレはそこに辿り着くまでが大変なのです。

しかし、このラダー譜はそういった欠点も解消されている一種の発明でもあります。

左手のおさえるべきポイントが分かり、音符の長さの記述は必要最小限で済み、右手の指定も簡単にでき、さらに記号ではなく「図・絵」として認識できるため、人間が最も吸収・判断しやすくなるのです。

さしずめ、タブ譜とダイアグラムの融合・いいとこ取り、と言えるでしょう。

ギターのコードフォームをマスの中に丸印で表現するのがダイアグラムですが、この見やすさとタブ譜の「進行の把握しやすさ」を上手く取り合わせた図になっています。

経験者、つまり数年たってからでないと、この質の高さ・価値には気付きにくいのですが、もちろん初心者の時点で「簡単に弾ける」ためその恩恵を余すことなく受けられことでしょう。


【収録曲】

「歓びの歌」「童謡 うみ」「アロハ・オエ」「ルージュの伝言」「翼をください」「贈る言葉」「ソロで歓びの歌」「ふるさと」「大きな古時計」「オーラ・リー」


【津村先生のウクレレ弾き方講座 STEP1「まずは弾いてみよう」】

津村先生のウクレレ弾き方講座の詳細はコチラ

まとめ

ウクレレは、ピアノやドラムといった大掛かりな楽器よりもはるかに手軽に持ち運べて、さらに言えば同じ弦楽器のギターよりもさらに気軽に始めることのできる楽器です。

価格も1万円ほど出せば、楽器としてしっかりとした性能のものがあるのも良いところ。(ギターの場合、最低でも3?5万円は出さなければ、楽器として安定しません。)

しかし、その手軽さや気楽さゆえに、弾き方も簡単に考えすぎ、挫折しやすいのも事実です。

ウクレレの弦はアコースティックギターの金属製の弦よりも若干柔らかいとはいえ、ナイロン弦でも15~20分も触っていれば初心者のうちは指先が痛くなるでしょう。

加えて、左手に至っては「手首をぐるりと回り込ませて、崖にぶら下がるかのような姿勢をずっと続けなければならない」わけで、生きてきてこんな動きを体験したことのない左手は、すぐに悲鳴をあげることでしょう。

余談ですが、左手も右手も、「痛い」と感じたら休憩するようにしてください。

くれぐれも無茶して続けて、腱鞘炎にならないように注意が必要です。

腱鞘炎は一生つきまとうので、特に冬場の寒い気温の中でやる時は暖房器具で部屋と手を十分に温めてから練習するように、くれぐれも注意しましょう。

今回ご紹介させていただいたウクレレ初心者講座の弾き方教材は、いずれも演奏のプロ、そしてレッスンのプロによる優れた教材です。

多くの方が効果を実感しているため、ベストセラーになっています。

しかし、誰にでも「合う・合わない」があるでしょう。

購入サイトにおいては、もっと詳しく、また、講座を受けた方の感想もたくさん見ることが出来ますので、どうぞ参考にしてください。

今回紹介した記事が、モチベーションアップに繋がれば幸いです。


古川先生のウクレレ弾き方講座はコチラ



津村先生のウクレレ弾き方講座はコチラ


■LINK■